PRESS RELEASE

2020年 フォーミュラ1 トスカーナGP 決勝レース

天候:快晴 気溫:30 – 30.2度 路面溫度:45- 38.7度

アルファ ロメオ レーシング チーム代表 兼 ザウバー モータースポーツAG CEO フレデリック?ヴァスール:
「ポイントを取り戻すことができ、結果はとても良かった。でも、荒れたレースでなかったら、さらに上を狙えただろうという気持ちは殘る。色々なことが思い通りにいかない困難なレースだったが、ホームグランプリをトップ10內でフィニッシュすることができ、チームの強みと粘り強さを示すことができたと思う。ファーストラップでキミ?ライコネンのマシンは、フロアに大きな穴が空いてしまい、フロントウイングにもダメージを負ってしまった。リスタートではアントニオ?ジョヴィナッツィが戦線を離れることになってしまった。この週末を迎えるにあたり、できることはすべてやったが、波亂のレースでキミはマシンにダメージを負った狀態で大部分を走ることになったので、マシンの進歩は見えづらい展開となった。でもキミは5秒加算ペナルティを受けたにもかかわらず、それを補うのに十分な差をライバルに付けた。ここにチームが成し遂げた進化の大きさが表れているといえるだろう。われわれは間違いなく正しい方向に進んでおり、今日のレースからは大きなモチベーションを得ることができた」
キミ?ライコネン(#7):
アルファ ロメオ レーシングORLEN C39(シャシー05/フェラーリ)
決勝:9位
ファステストラップ:1:21.164
タイヤ:ミディアム(1周)-ユーズドミディアム(26周)-ハード(15周)-ソフト(17周)
「あまり順調なレースではなかったが、ホームグランプリにポイントを持ち帰ることができたのは素直に喜んでいいと思う。スタートが良くなく、ターン2で何が起こったのか正確にはわからないが、ヒットされて大きなダメージを負うこととなった。おそらくぶつかってきたドライバーはマシンがあんな密集狀態になると思わなかったのだろう。なんであれ、あのヒットにより自分のマシンはフロアとウイングに損傷を負ってしまった。ダメージでハンドリングが大幅に悪化し、バランスが崩れてダウンフォースも失われた。それでも結果的にまともなペースでプッシュすることができた。ピットストップでタイムをロスしたが、2度目の赤旗により、ポイントを狙えるところから再スタートを切ることができた。その後、ピットの入り口でラインをまたいだことでペナルティを受けてしまったが、2度目の赤旗の後は好調にラップを重ねることができ、結果的にペナルティによるポジションダウンをひとつに食い止められた。完璧なレースとは程遠かったが、色々と問題はあったにもかかわらず、ホームグランプリで2ポイントを獲得できたのは良かった。荒れたレースでなければもっと上を狙えた気がするが、このパフォーマンスを殘りのレースで発揮できることを期待するよ」
アントニオ?ジョヴィナッツィ(#99):
アルファ ロメオ レーシングORLEN C39(シャシー04/フェラーリ)
決勝:リタイア
ファステストラップ:2:13.809
タイヤ:ソフト(5周)
「まともに1ラップもすることなく、ああいうかたちでレースを終えることになったのは、とてもフラストレーションがたまるよ。でも、チームがポイントを獲得できたのは良かった。スタートはうまくいき、14位までポジションを上げられた。マシンの調子はよく、こんな結果になるとは思いもしなかったよ。クラッシュについては、非常に危険な狀態だったということしかコメントはできない。自分の周りのドライバーは皆フルスピードで加速していた。そういう狀況の中で、(ケビン)マグヌッセンのマシンはほぼ止まっているような速度でコースの真ん中にいたんだ。(ニコラス)ラティフィは彼を避けたが、僕は避けようとしたけど間に合わず、マシンの左後ろに衝突した。幸い、誰も怪我がなかったのが良かったけど、非常に危険なクラッシュだった。あのような長いストレートでは、また同じようなことが起こりかねないので、今後のために改善策を考える必要があると思う」
一本到高清在线视频观看,一本到高清视频免费观看,一本到高清视频不卡dvd